出る杭は打たれるものだけど、それもまた良し

misaharada london | 出る杭は打たれるものだけど、それもまた良し

NHKの番組「課外授業ようこそ先輩」の収録のため、名古屋の母校を訪問する機会がありました。栄小学校といいます。
この番組は各界で活躍している“先輩”が出身校(主に小学校)に帰り授業をする、というもの。私の場合は当然子供たちに帽子を作らせたわけですが、それだけではヒネリも何もないので、隠しテーマ(というか、こちらが表のテーマだったのですが)として「“出る杭”になろう!」という目標を掲げ、他人がどう思おうと我が道を行くという個性の表現を目指してもらいました。
その結果、どんな“出る杭”たちが誕生したかは番組を見ていただきたいのですが、制作の現場(=小学校の授業)は本当に体力勝負のハードな世界だった、とだけお知らせしておきましょう。笑いはもちろん涙もありました。清い涙です。「今時の~」なんて言われているだろう彼らもまだ小学6年生。この年頃に戻りたいとは正直思わないけれど、いろいろと新鮮な気持ちを味わえた、私にとっても貴重な“授業”になりました。

「課外授業ようこそ先輩」はNHK総合で5月26日午前11:30より

0 Comments

Leave a reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*