Profile

Misa Harada

misaharada

Misa Harada’s sartorial journey began at The Royal College of Art in the mid 1990s, followed by four years designing for Royal-appointed milliner Frederick Fox. In 1998, Misa Harada launched her own label at Paris Fashion Week with quirky yet elegant designs quickly becoming well known within both fashion and millinery circles.

Misa Harada’s work always straddles a particular duality: the line between functionality and ornate elegance. With each collection, Misa adds another dimension to her millinery with a distinct focus on design and material, offering hidden details to each creation. Misa declares that “a hat is an ultimate tool of self-expression and an item to finish the outfit. My mission is to introduce a taste of haute couture in hats at an affordable price and encourage more to wear hat.”

Her unique stylization of traditional millinery has been championed by former collaborators Katharine Hamnett, Thierry Mugler, and Yohji Yamamoto. Misa’s work has encompassed the V & A’s exhibition ‘Stephen Jones – An Anthology of Hats’ which opened to record visitors in London and Brisbane before going on to open at the Bard Graduate Center in New York. In November 2015, Misa’s retrospective exhibition titled “Hats Off” was held at the Pola museum in Tokyo.

More recently, Misa Harada has seen regular coverage in British and German Vogue, including a bespoke headpiece for top model Cara Delevingne, and has graced the front cover of Tatler, with Cindy Crawford in her signature “Vivi” design.
With a love of sculpture, mixed-medium art, and textiles is eminently visible in all of Misa Harada’s creations, creating a consistently high demand for top-tier commissions. Designing bespoke headpieces for celebrities such as Jennifer Aniston, The Rolling Stones, Mickey Rourke, and Jennifer Aniston. Misa’s clientele also includes British royalty. Known for their statement-making hats and fascinators, Misa’s “Love” hat recently graced the Royal Garden Party by way of Princess Eugenie.

Today, Misa Harada’s modern and compelling millinery collections are sold in over 120 retail outlets across fifteen countries.

原田美砂

ロンドンのロイヤル・カレッジ・オブ・アート(王立芸術大学院)を卒業後、 英国王室御用達 帽子ブランドFrederick Fox 社にて4年間デザイナーを務める。1998年にパリのファッションウィークにて自身のブランドコレクションを発表し、そのエレガントでありながら独自のテイストが帽子界やファッション界を魅了する。

ミサハラダの作品には、常に機能性の上に 華やかなエレガンスという独自の二重性を持ち備えている。帽子個々にその素材とデザインにフォーカスした隠れたデテールがあり、それぞれのコレクションにおいて帽子の世界に新たな次元を与えている。原田は“帽子は自己表現をする究極の道具であり、かぶる事によってその日の服装を完結する 。私のミッションはオートクチュールのテイストを求めやすい価格で紹介し多くの人々にかぶってもらう事”と宣言します。

彼女の伝統的な要素をハイブリットさせる帽子は 、Katharine Hamnettや Thierry MuglerやYhoji Yamamotoとのコラボレーションにもいたり、イギリスのVictoria & Albert 美術館からブリスベン、ニューヨークにも展示される。  2015年11月には銀座ポーラ美術館にてミサハラダ回顧展 “Hats Off”が行われる。

最近においては英国やドイツのヴォーグ誌に頻繁に掲載され、イギリスTatler 誌においてはCindy Crawford が被り表紙になりました。著名人の顧客も多く、ローリングストーンズ、ミッキーローク、ジェニファーアニストン、そして英国王室のプリンセスユージニア、ビアトリスにも愛用されている。原田本人への関心も高く、多くのメディアが取り上げてきた。TBS「情熱大陸」、NHK「トップランナー」、同「課外授業ようこそ先輩」などいくつものTV番組に出演し、2010年には初の著作、『直感を信じて、進め。』(WAVE出版)も上梓した。彼女の帽子は本国イギリスではFortnam & Masonをはじめとする、主要百貨店やセレクトショップが取り扱っており 約15か国、およそ100店舗で展開されており、現在、イギリスを代表する帽子デザイナーの地位を確立している。